*

投資 とは? 投機 、 資産運用 との違いは?

      2018/08/13

知識

本ブログのタイトルは”IQ150が本気で投資してみるブログ ( 株式 、 FX )”としておりますが、そもそも投資って何だろう?投機や資産運用と何か違うの?とよくわからない人もいると思うので簡単に紹介します。

投資とは

まず投資とは、「利益を得ることを目的とし、株や不動産、事業などに資金を投じること」です。

つまり、生産性を生む事業に対して資金を投じることで、その事業が成長した際に、投じた資金に見合った対価(リターン)を得るということです。

私が実践している株式投資について説明します。

みなさんがある企業の株式を購入(=投資)したとします。投資を受けた企業は、みなさんからの資金を利用して、事業を営みます。その結果、その企業の業績がアップしたら、みなさんの保有している株式に応じて、配当という形で利益が還元されます。もちろん、業績がアップしているので、保有している株式の価値(株価)自体も上がっていますよね。株式投資でいうと、「自分の好きな企業を応援する」=「投資」と考えると良いでしょう。

投資=資本に投じると捉えることができます。

資産運用とは

資産運用とは、「自分が持っている資産を増やす、もしくは減らさないことを目的とし、投資や貯蓄をすること」です。

つまり、自分の資産を増やす試みのことで、投資や貯蓄はその資産運用の手段の一つであるということになります。

極端な話、ただ貯金をしておくだけでも資産運用をしていると言えますね。

投機とは

前述の投資が「資本に投じる」のと比べ、投機は「機会(チャンス)に投じる」と捉えることができます。

ここでいう「機会=チャンス」とは、「短期的な価格変動」を指すのが一般的です。つまり、短期的に利益を上げるために、株や為替などにおける短期的な価格変動をチャンスとして捉えて取引をすることが投機となります。

私が実践している株式投資でたとえると、デイトレードやスイングトレードといった短期取引が投機になります。

よって、投機対象は価格変動が大きいほうが好まれます。あまり価格が変動しないと利益を得られませんので、将来的な企業成長を目的とした投資と比べると、ハイリスク・ハイリターンな資産運用といえますね。そういう意味では、ギャンブルに近いものは投資ではなく、投機だといえるでしょう。

投資のように「ある企業の応援のため」ということではなく、世間ではギャンブルやマネーゲームのように捉えられてしまい、あまり「投機」と言う言葉が好印象をもたれることは少ないのが現状です。

また、FXの為替取引(外国為替取引)は、投資と投機という区分でいけば、短期売買であろうが長期保有であろうがすべて投機ということになります。

なぜなら、為替(通貨)に資金を投じることによって何らかの付加価値が創造されることはないからです。為替投資という言葉もありますが、本来の意味から考えると間違った用法といえます。

投資、投機、資産運用の関係性

投資、投機、資産運用の関係性は以下の図の通りです。

資産運用2

 

資産運用は資産を増やすことを目的とした試みで、その手段として貯蓄や投資、投機などがあるという関係性になります。

終わりに

投資、投機、資産運用について理解が進みましたでしょうか。

私の場合は、株は企業の成長を応援するための投資、FXは小遣い稼ぎの投機と捉えて資産運用をしているイメージになります。

私は投資がよくて投機が悪いと言うつもりはありません。

投資は私の性分にあっていると感じますが、投機は投機で楽しいですよ♪(競馬も好きです)

皆さんも自分に合ったスタイルを見つけて、資産運用を楽しみましょう!



ブログランキングに参加中♪ 一日一回ぽちっと応援してもらえると喜びます!

にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX知識 , ,