*

FX ロンドン時間の特徴と傾向を徹底解説!ロンドン時間のトレード戦略はどうすべき?

      2018/09/12

皆さんは、

 

ロンドン時間はどんなFXトレード戦略

 

立てて取引していますか??

 

IQ150
私は、ロンドン時間のFXトレードはトレンドの見極めに細心の注意を払いつつ、トレンドフォローを積極的に狙っていきます!!

 

ここでは、ロンドン時間

 

特徴や傾向

 

メインの通貨ペア

 

特に重要な時間帯をまとめ、

 

また、どんなFXトレード戦略がオススメか?

 

その場合の、開設すべきFX口座は?

 

などについて、

IQ150の専業投資家(ほぼニート)が

わかりやすくご紹介していきます。

 

 

ロンドン時間とは?

ロンドン時間とは、

 

日本の株式市場のクローズ後

世界最大の為替市場であるロンドン市場

経済活動が活発

 

午後6時~午前2時(日本時間)までの

8時間くらいの時間帯

 

のことです。

 

「日本の東京為替市場」、

「米国のニューヨーク為替市場」とならび、

 

世界三大為替市場の1つである

 

英国のロンドン為替市場は、

 

ロンドン為替市場が始まる午後6時(日本時間)から、

ロンドン為替市場が開く午前2時(日本時間)まで

 

8時間くらいの間

 

世界の為替取引の中心的な存在になるため、

 

この時間帯が「ロンドン時間」と呼ばれています。

 

世界3大為替市場とは?

◎ 日本(東京為替市場)

◎ 英国(ロンドン為替市場)

◎ 米国(ニューヨーク為替市場)

 

「日本の東京為替市場」

「英国のロンドン為替市場」

「米国のニューヨーク為替市場」が

 

世界3大為替市場

 

と呼ばれています。

 

ロンドン為替市場が1位、

ニューヨーク為替市場が2位の取引高となっています。

 

世界の取引量の約30%が最大のロンドン為替市場で

行われているといわれ、

その取引高は東京為替市場の約4倍にもなります。

 

IQ150
ロンドン為替市場は、欧州市場との時差が1時間で、ニューヨーク為替市場の午前の取引時間が重なることもあり、取引参加者が一日で最も多いです。ちなみに為替市場は具体的な取引所が存在しないので、都市名で呼ばれています。

 

なぜ欧州時間が世界最大の為替市場になるのか?

 

① 金融大国のロンドン(英国)が主役になるため

ロンドン時間の主役はもちろん

ロンドン(英国)になりますが、

 

英国といえば、誰もが知ってる

 

金融立国、金融大国ですよね!

 

イギリス国民の多くの個人金融資産は

その多くがタンス預金になって眠ってしまっている

日本人の個人金融資産とは違って

 

保険や年金準備金等の運用に回されていることもあり

イギリスには、多くのファンドが存在していて

そのため為替市場も非常に活発になります!

 

また、英国のロンドン市場は、

 

関係が深い中東からの膨大なオイルマネーの流入があったり

「ロコ・ロンドン」などの金の取引の中心地であったり

 

といった背景も

 

市場参加者、取引量が一番多くなる要因

 

となっています!

 

② 世界中の為替市場が開いている時間帯であるため

ロンドン時間は

 

  1. アジア:香港、シンガポール、ムンバイ
  2. 中東:バーレーン
  3. EU:フランクフルト、チューリッヒ、パリ
  4. 米国:ニューヨーク

 

など、世界中の多くの為替市場が開いている

時間帯と重なっていることもあり

 

市場参加者、取引量が一番多くなります

 

オセアニア・東京・欧州・ロンドン・アメリカ時間帯

時間 日本時間 日本との時差
夏時間 冬時間 夏時間 冬時間
オセアニア時間 5時~15時 6時から16時 +2,+3,+4時間 +1,+2+3時間
東京時間 9時~17時
欧州時間 16時~翌00時 17時~翌01時 -6,-7-8時間 -7,-8,-9時間
ロンドン時間 17時~翌01時 18時~翌02時 -8時間 -9時間
アメリカ時間 21時~翌06時 22時~翌07時 -13時間 -14時間

 

ロンドン為替市場は、

 

  1. オセアニア
  2. アジア
  3. 欧州

 

の次、ヨーロッパで一番遅く

 

日本時間の18時

 

 

スタートする外国為替市場です。

 

IQ150
日本は夏時間(サマータイム)制度を導入していませんが、オセアニア・欧州・アメリカでは夏時間(サマータイム)制度が導入されている地域があり、冬よりも夏の方が取引開始時間や経済指標の発表が1時間早まります

 

世界の為替市場の夏時間(サマータイム)

為替市場名 夏時間開始 夏時間終了
NZ(ウェリントン) 10月第1日曜日 3月第3日曜日
豪州(シドニー) 10月最終日曜日 3月最終日曜日
欧州、ロンドン、ロシア 3月最終日曜日 10月最終日曜日
米国(ニューヨーク) 3月第2日曜日 11月第1日曜日

 

IQ150
ご存知の通り北半球で夏の季節は、南半球では冬ですので、外国為替市場の夏時間(サマータイム)も同様に北半球と南半球ではほぼ真逆の時期に実施されますので、ご注意ください

 

ロンドン時間の特徴・傾向は?

ロンドン時間の特徴は、ズバリ・・・

 

短期トレンド相場」になりやすいです!

 

ロンドン為替市場は、

世界三大為替市場の一つであり、

かつ世界最大の為替市場であることから

 

一日の中でも市場参加者、取引量が最も多く

 

値動きが活発になります!

 

つまりは、東京時間のレンジ相場でのもみあいから、

 

上もしくは下のどちらかにブレイク

短期的なトレンドを形成する

 

傾向が強いです!

 

また、為替市場に大きな影響を与える

 

欧米の経済指標の発表やニュース

 

多くなる時間帯でもあり

NY時間に向けてトレンドが発生しやすいです!

 

 

トレンドフォロー狙いのトレーダーの働き時で、

 

トレンドの方向を見極め

 

順張りでついていくのが

 

基本スタンスになります。

 

IQ150
ロンドン時間はトレンドの方向を見極めるのが結構難しいです!ロンドン時間開始後は、だましが多い傾向がありますので十分にご注意を!

 

つまりは、セオリー通りに

東京時間のレンジ相場のもみ合いから

ブレイクした方向に順張りでついていこうとする

個人投資家がとても多いので

 

ヘッジファンドなどが、その個人投資家の損切りを狙って、

一度トレンドの逆方向に、ブレイクしたように見せかける

 

だまし

 

をうまく、おりまぜきます!

IQ150
レンジから最初にブレイクした方向について行くだけで儲かるなら、全員が億万長者になれますが、現実はそんなに甘くないですよね😅

 

 

また、ロンドン時間では、だましが発生した後は

だましの逆方向に値動きが加速

していく傾向があるので

 

個人的には、その流れにうまく乗るのが

ロンドン時間の一番の勝ちパターンですね!

 

IQ150
参考までに私の場合は、ロンドン時間でのダマシは、10pips程度で反転する傾向がある、ということを念頭に置いてトレードするようにしいます!

 

▼実例を出すとこんな感じ▼

IQ150
オレンジ色の『★』ではエントリーを我慢して、緑色の『★』でエントリーできるのが、ロンドン時間の必勝パターンですね♪

 

ロンドン時間の特徴・傾向

  1. 値動きが活発になる
  2. 短期トレンドを形成
  3. だましが発生しやすい
  4. だまし後、値動きが加速

 

ロンドン時間の為替は欧州株式市場と連動する?

ロンドン為替市場は、

 

欧州株式市場と連動した動きをとります。

 

IQ150
基本的には欧州株価が上昇すると、リスクオンで円安の傾向となり米ドル/円(USD/JPY)も上昇しますね

 

欧州株式市場には前場と後場という取引時間が存在し、

前場と後場の間には2時間30分のお昼休みがありますが、

 

欧州株式市場が昼休みに入ると、ロンドン為替市場の値動きも鈍化する

 

という傾向があります。

 

株式市場の取引時間

 

市場 前場 後場
東京市場 9:00~11:30 12:30~15:00
欧州市場 17:00~20:00 22:30~25:00
NY市場 22:30~25:00 翌3:00~7:00

 

株式市場の取引時間にトレンドが発生していた場合、

後場の最後の1時間はスキャルピングやデイトレードの

 

短期筋によるポジション解消が発生するため、

 

トレンドとは逆方向に戻る傾向があることを覚えておくと良いです。

 

IQ150
例えば、欧州株式市場オープン時間内にポジションを決済する場合は、17時から24時まではトレンドに乗って、そこで決済するのが無難です。欧州株式市場の最後の1時間である24時から25時はトレンドに逆行する可能性が高いです。

 

ロンドン時間で取引される通貨ペアは?

ロンドン時間で取引される通貨ペアは、

ユーロ/ドルが最も多いです。

 

IQ150
なんとポンド/ドルよりも、ユーロ/ドルの方が取引量が多いんですよ!

 

ロンドン時間はイギリスだけではなく、

世界中の為替がオープンしている時間帯で

 

市場参加者が多く

流動性の高い通貨ペアの取引量が多くなるので

 

必然的にドルストレートの通貨ペアの

取引量が多くなります!

 

▼ドルストレートについてはこちら▼

ドルストレートとは?ドルストレートの種類 クロス円との違い! 何がストレートで何がクロスなの?

 

従って、ドルストレートの中でも

流通量が特に多いユーロとの組み合わせの

 

ユーロ/ドルの通貨ペアが

 

取引量も最大になります。

 

IQ150
とても不思議な現象ですが、同じロジックで実はポンド/ドルよりも、ドル/円の方が取引量が多いんですよ!金融大国イギリスのロンドン市場は世界最大の為替市場だけど、ポンドはそこまでって感じですね(*_*;

 

 

ロンドン時間の取引量

◎ ユーロドル > ドル円 > ポンドドル

 

ロンドン時間の特に重要な時間帯は?

 

ロンドン時間の重要時間帯

NY オプションカット・・・00時(夏時間: 23時)

ロンドンフィックス・・・01時(夏時間: 00時)

 

NY オプションカットとは?

NY オプションカットとは、

 

ニューヨーク為替市場における

通貨オプションの権利行使期限のことです。

 

NYオプションカットの時間帯は、

日本時間の24時です。(夏時間は23時)

 

IQ150
「オプションカット」は、「カットオフタイム」とも呼ばれていますね

 

【例】

◎ 111.60円 OP7日NYカット

◎ 111.50円 売り 本邦勢、OP7日NYカット大きめ

◎ 111.00円 OP7日NYカット

 

「NY オプションカット」はニュースなどでは

上記のように表示されると思いますが、

この場合、

 

カット大きめの111.50円のオプション

一番影響力が強いです。

 

IQ150
一般的にはオプションの本数が、1000本以上あると値動きに影響すると言わわれています。
IQ150
「NY オプションカット」を通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新するなど、ニューヨーク時間の中でも特に相場が大きく動き出す傾向があります。

 

通貨オプションとは?

通貨オプションとは、

 

ある特定の通貨をあらかじめ

 

定められた期間や期日(権利行使期間)に、

定められた価格(権利行使価格)で

 

買う(コールオプション)/売る(プットオプション)権利を

 

売買する取引のことです。 

 

主に証券会社や銀行等の金融機関が、

トヨタ等の貿易企業や、

投資目的の金融機関等に権利を売ります。

 

IQ150
「通貨オプション」は、1980年代前半からマーケットで取引されるようになり、現在ではリスクヘッジとトレーディングの両方で利用されています。「通貨オプション」は「カレンシーオプション」とも呼ばれていますね

 

【例】

米ドル/円(USD/JPY)を

 

1米ドルを110円で買う権利(コールオプション)

 

持っている場合

 

オプションカット(権利行使期限)の時間に

 

米ドル/円が110円よりも安ければ

権利を行使するメリットはありませんが、

 

110円よりも高ければ差額分が利益になるため、

権利を行使します。

 

従って、

 

買う権利(コールオプション)を持っている側は

米ドル/円が110円よりも上で

 

売る権利(プットオプション)を持っている側は

米ドル/円が110円よりも下で

 

オプションカットの時間を迎えたいと考えています。

 

IQ150
こういった思惑により、NY オプションカットの時間帯では設定された価格(権利行使価格)付近に近づく傾向があります

 

初心者A
なるほど!NYオプションカットの時間帯は特に大きめのオプションカットの値に近づく可能性が高いと覚えておくと、僕でもなんか勝てそうな気がします

 

ロンドンフィックスとは?

ロンドンフィックス(フィキシング)とは、

 

銀行等の金融機関が顧客が金融機関で

外貨を売買する際の基準レートを決定することです。

 

ロンドンフィックス(フィキシング)の時間帯は、

 

日本時間の01時です。(夏時間は24時)

IQ150
要するに「ロンドンフィックス」は、東京時間の「仲値の算定」のロンドン時間バージョンといったイメージです。

 

▼東京仲値算定についてはこちら▼

FX 東京時間の特徴と傾向を徹底解説!東京時間のトレード戦略はどうすべき?

 

ロンドンフィックス(フィキシング)の為替レートが、

その日1日の両替のレートや企業間の取引レートとなります。

 

IQ150
欧州時間の中でも、「ロンドンフィックス(フィキシング)の時間帯」は、特に為替市場の値動きが激しい時間帯となります。特に月末月初は、ユーロドルやユーロポンドが大きく動きやすく、突然大口の売買が入ったりするため、注意してください

 

まとめ

 

Point !!

ロンドン時間・・・日本時間18時~02時

 

ロンドン時間特徴・・・値動きが活発だまし後加速

 

ロンドン時間傾向・・・トレンド相場値幅大きい

 

メインの通貨ペア・・・ユーロドル

 

覚えるべき時間・・・NYオプションカット/ロンドンフィックス

ずばり・・・

 

ロンドン時間は

 

ユーロドルのだまし確認後のトレンドフォロー

 

がオススメです!

 

IQ150
ロンドン時間は基本的には短期トレンドを形成しやすいので、だましがあるということを想定しながらも、うまくトレンドに乗っていくことが重要になります♪

 

ロンドン時間に断然おすすめのFX口座は?

インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

ロンドン時間におすすめのFX口座

 

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

になります!!

 

理由は、ユーロドルのスプレッドが最狭

 

FX口座だからです!

 

▼各FX口座のスプレッド調査結果はこちら▼

ユーロ/ドル スプレッドランキング

順位 スプレッド FX業者名
1位 0.3pips インヴァスト証券「トライオートFX」
2位 0.3pips みんなのFX
2位 0.4pips DMM FX
2位 0.4pips GMOクリック証券
2位 0.4pips ヒロセ通商【LION FX】
2位 0.4pips 外為ジャパン
2位 0.4pips 楽天FX

*2018年9月5日現在のスプレッドの集計

IQ150
多くのFX業者が0.4pipsで並ぶ中、『トライオートFX』と『みんなのFX』だけが0.3pipsで頭一つ抜け出しています!

 

『みんなのFX』は、

AM8:00~翌日AM2:00の時間限定の原則固定スプレッドになるところが

少し原点要素になってしまうので、

 

インヴァスト証券「トライオートFX」

が一番のFX口座になります!

 

ロンドン時間にトレードする可能性がある人は

 

まずは『インヴァスト証券「トライオートFX」』を

 

絶対に口座開設しておいてくことをおすすめします♪

 

 

海外FX口座開設する方へオススメ情報

海外FX口座を開くなら、

キャッシュバックがもらえるように

 

必ずキャッシュバックサイトに登録しましょう!

 

キャッシュバックサイトに登録しておかないと、

せっかくの海外口座なのにキャッシュバックがもらえなくなっちゃいますよ!!

 

世界最強のFXキャッシュバックサイト

 

関連記事

  1. FX 世界の為替市場の取引時間帯 夏時間に要注意!特に重要な時間帯は?
  2. FX 東京時間の特徴と傾向を徹底解説!東京時間のトレード戦略はどうすべき?

 



ブログランキングに参加中♪ 一日一回ぽちっと応援してもらえると喜びます!

にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX知識 , ,